Sock it to me(ソックイットトゥーミー)

海外ブランド紹介Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
遊び心満点のフレンドリーなソックスメーカー

Sock it to me(ソックイットトゥーミー)は、アメリカのポートランドにオフィスを構える靴下のブランド。
ただし、ただのシンプルな靴下ではありません。
ヒゲやビール、ルチャ、ダイヤモンド、ゴッホの絵画…など、ユニークな柄ばかり。
tabisl BAZARでお取扱いしている柄はほんの一部で、ブランドでは200種類以上の柄を販売しています。きっと誰でも気に入る柄が見つかるはず。

  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)

かわいいだけじゃない、賢い素材

柄が面白いだけでない、この靴下が愛されているのは、素材に秘密があります。薄手で柔らかく、丈夫な生地で、ストレッチもきいているから履き心地も抜群。カラフルな柄を表現できる、綺麗な発色も特徴的です。
シーズンごとに、新しい柄がたくさん出てくるから、ついつい集めてしまいそう。アンクル丈、ひざ丈、メンズ、レディース、キッズと、タイプも幅広く揃っています。ユーモアのあるデザインのメンズソックスは特に人気。
コーディネイトの主役にも、チラ見せしてポイントにもできちゃいます。

  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)
  • Sock it to me(ソックイットトゥーミー)

一人の女性のアイデアからスタート

ソックイットトューミーの創始者であるCarrie Atkinsonは、この素敵なソックスブランドを一人で始め、今では20人ほどのチームでブランドを運営しています。
ポートランドのフリーマーケットから靴下を売り始め、今ではアメリカとイギリスで販売を行うまでに成長し、会社は既に10周年を迎えました。

Sock it to me(ソックイットトゥーミー) Sock it to me(ソックイットトゥーミー)

わいらしいイラストが添えられた納品書

彼女はこの仕事を始めるまでずっと、心から楽しんでできる仕事を探していたと言います。
社員も皆、ブランドのことが大好きで、完成したサンプルが届けば、デザイナーチームが集合し、笑いながらサンプルチェックをするそう。
靴下の柄だけでなく、社内のイベントも充実していて、パイの日があったり、ハロウィーンには靴下のデザインコンテストを行ったり、レーザー銃の鬼ごっこをしたり…
tabisl BAZARに届く納品書にも、毎回かわいらしいイラストが添えられています。

ブランドチームの、ソックスを最高に楽しむ気持ちが伝わってくるようですね。

  • cat motif キャットモチーフ
  • sock it to me ソックイットトゥーミー くつ下
  • Morocco モロッコ kilims キリム boucherouite ボシャラウィット
-->